Jazz Bassist 永田利樹の日記

CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY  ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
息子を迎えに尾瀬へ、そして試験。
 尾瀬の玄関口、片品村戸倉にはここ5、6年ほど年に4,5回は行っている。
東京のライヴを観に来てくれた若者に誘われるがままそこでライヴを演って以来
自然の恵みと知り合った友人達に惹かれ季節毎に訪れているのだ。

息子も小学校4,5年だった最初のライヴから我等夫婦と同行している。
田舎の無い彼にとっては、その自然環境や友人等や地の食べ物が特別な意味を持つようになった。
彼は今都立高校に通いブラスバンドでバリトンサックスを吹いているのだが
そのサークルの夏合宿が戸倉で行われたのだ。

ある試験がその夏合宿と重なってしまったので1日早く東京に戻らねばならず、勝手知ったる
我等夫婦は夕方から友人宅でバーベキューをしながら息子の指定した時間を楽しく待った。
少々飲み過ぎてしまったけれど。

その後無事に息子を連れ帰り家に戻ったのは夜中の1時。
今日の朝は寝ぼけマナコで彼を試験会場まで送った。

実は来年の留学のための試験だった。
親子で色々意見交換をした挙句に選んだ場所はアルゼンチンである。
やはり音楽に携わって生きていくつもりなら南米の民俗音楽に肌で触れてみることは貴重な
体験だし、スペイン語が話せるようになれば将来大きな武器になる。
イタリア系移民が多いので食べ物はメチャクチャおいしいらしい。
第一我等夫婦もアルゼンチンなら是非行ってみたい。そんな話し合いをして
アルゼンチンが決まった。いや、試験に受かればである。
試験は難しかったらしい。

無事受かることを願っています。

ところで小豆沢プールの話だが、バレルハウスのソン君も小豆沢の超大ファンであり、
先日飲みに行った折、住民運動を起こすことを決めた。
まだ区長からの返事は無い。
手紙は受け取ったので後ほどご返事しますというメールから2週間ほど経過している。
そろそろ催促のメールを検討している。






| 20:40 | Life | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| 20:40 | - | - | - |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://nbagi.jugem.jp/trackback/21
<< NEW | TOP | OLD>>